カテゴリー"報告"の記事

■20121008【報告】さいたま市で何が起きているのか…文書偽造等問題、中間報告

「さいたま市は、何をやっているの!」

八月中旬、海外から自宅に帰った際。
同居の母親から、
帰宅後、初めてかけられた言葉だった。

NHKなどテレビをはじめ、
新聞等で全国に発信されている、
一連の文書偽造等の問題を知っての反応だった。

罵声に近い言葉であり、
事の深刻さを表していた。
これを知った市民も同じ気持ちだろう。

現時点で判明しているのは、
・政策局 2件
・市民・スポーツ文化局 2件
・都市局 62件
・緑区役所 1件
・教育委員会事務局 128件

合計195件である。

※都市局分はH23年度の全185件のうち62件にとどまらず、
 不適正な事務所理等は他にも明らかになった。
※詳細はまちづくり委員長報告に詳しい。

この問題を重く受け止めた議会では、
地方自治法98条1項の「検査権」を発動

●「まちづくり委員会」(阪本委員長)
●「特別委員会」(桶本委員長)

にそれぞれ付託し調査を実施している。

前者の委員会は既に終了。
本会議において10月1日に報告が行われた。

現在、後者の委員会が立ち上がり、
調査を進めていくところだ。

私は両委員会に委員として参加している。

市民の信頼が失われた今、
重要な役割を担う一人として、
これまでも、そしてこれからも、
真剣な調査に臨む所存である。

10月1日の委員長報告を持って
まちづくり員会が終了した今、
まずはこれまで明らかになってきたことを、
私の視点で以下、記していきたい。

この調査全体はまだ終了していない。
だから中間報告、ということとなる。

時期を改めて、
最終段階で改めて記したいと思う。

問題を細分化してみていくために、
以下5点にわたり項目を分けた。

■0.総括「納税者(市民)への不利益」という視点で考える
■1.最も大きな問題の情報開示の文書偽造
■2.年度をまたぐ事務処理を改竄した件
■3.不正の温床とみられる「同一金額」契約の件
■4.H23の収賄事件の再発防止の新「事務手続き」が実施されず

以上を、当ブログに項目ごとに随時記していく。
ぜひご参照頂きたい。

ただ、ここには私の視点を記している。
重なる点も多々あるが、
議会、行政のそれぞれの視点もあろうから、
正確を期するため、別途以下もご参照いただきたい。

★★★行政

・平成23年度施設修繕における不適正な財務処理と不適正な情報公開について(清水市長)
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1347590684781/index.html
↑調査結果は別ページに随時掲載される予定。

※行政は庁内に「調査委員会」を設置。
 問題の多発した都市局職員等で構成されている。
※今後、各界の有識者を委員とする
 「第3者委員会」を立ち上げるとの市長の言葉あり。

★★★議会

・議会録画中継(本会議、阪本まちづくり委員長による委員長報告)
http://www.saitama-city.stream.jfit.co.jp/gikai_result.php?GIKAI=%CA%BF%C0%AE%A3%B2%A3%B4%C7%AF%A3%B9%B7%EE%C4%EA%CE%E3%B2%F1&DATE=20121001&CATE=%A1%FE%CB%DC%B2%F1%B5%C4

・議会会議録(平成24年9月定例会「まちづくり委員長報告」「まちづくり委員会」)
http://www.kaigiroku.net/kensaku/cgi-bin/wwwFrameBase.exe?A=frameBase_etu&USR=saisais&PWD=&L=1&S=31
↑会議録が掲載されるまでに3ヶ月から半年ほどかかる

※議会は市長はじめ行政の調査とは別に調査をしている。
※地方自治法98条1項の事務検査権を発動、
 「まちづくり委員会」「特別委員会」に付託している。

ページトップへ戻る⇧

■20121006【報告】NO LIFE,NO KARATE…空手道八段位修得にあたり所感

高校卒業間際に通いはじめた空手道場「功武館」。

もう23年目である。

この間、いろいろなことがあったし、
議員としての役割の優先順位により、
稽古に行けないことも少なくなかった。

そんな私に、師匠の三島功先生より八段位師範を賜った。

継続性の乏しい私にとって、
何も自慢できるものがない中、
この空手を続けてきたことは、
ほとんど唯一の生きてきた証といっていい。

4期目の任期を務めさせていただいている議員としての活動も、
その土台にはこの空手において得た心身が大きく寄与している。

これまで幾度となく
道場に脚を運ぶたびに締めてきた黒帯の、
縁が白く掠れている様は、私の誇りである。

八段位は、そんな私への過大な評価である。

人生の続く限り、これからも私の空手人生は続く。
その度にこの黒帯を、大きな責任とともに締め続けるのだろう。

NO LIFE,NO KARATE

ページトップへ戻る⇧

■20121005【情報】お薦めシンポジウム、ぜひご参加を!「さいたま市総合振興計画シンポジウム」

隔世の感がある。

お金を払ってでも見てみたいシンポジウムを、
我がさいたま市の行政が実施するのである。

これは明らかに市長が交代した効果と言えるだろう。

さいたま市を形作る最上位計画「総合振興計画」に関し、
藻谷浩介氏、山崎亮氏を招く。

両氏とも今が旬のオピニオンリーダーである。

私はこのシンポジウムの開催を知った時、
すぐに申し込んだ。

500人の席には、
まだ空きがあるようである。

ぜひご参加いただき、
さいたまの将来を一緒に考えましょう。

以下、さいたま市HPよりコピペ。

さいたま市HP
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1345787501907/index.html

   ★   ★   ★

さいたま市総合振興計画シンポジウムを開催します

~“一緒に考えよう!私たちの「幸せ」と「まちづくり」”をテーマに開催~

まだまだ参加者募集中

本市では、市政運営の最も基本となる「総合振興計画」のうち、今後の都市づくりの指針となる新たな「基本計画」の策定に向けて、昨年度から検討を進めています。
このたび、計画策定に向けた機運を高めるとともに、これからのライフスタイルや都市づくりのあり方を市民の皆さまと一緒に考えるきっかけづくりとして、「さいたま市総合振興計画シンポジウム」を開催します。

1 日 時  平成24年10月5日(金)19時~21時(開場18時30分)
2 会 場  埼玉会館小ホール(浦和区高砂3-1-4)
3 内 容
 ・話題提供1(講師:株式会社日本総合研究所調査部主席研究員 藻谷浩介さん)
  「さいたま市を取り巻く環境」
 ・話題提供2(講師:studio-L代表・京都造形芸術大学教授 山崎亮さん)
  「コミュニティデザインの仕事と地域の担い手づくり」
 ・対談(藻谷浩介さん×山崎亮さん)
  「私たちの『幸せ』と『まちづくり』~これから市民にできること~」
4 定 員  500人(要申込・先着順)
5 申込方法
  参加を希望される方は、9月21日(金)までに、郵送、ファックス又はEメールで、郵便番号、住所、氏名、電話番号をご連絡ください。

6 応募期間
  2012年9月4日(火)~9月21日(金)

※ 参加希望者が定員を超えた場合は、さいたま市内在住の方を優先させていただきます。なお、9月28日(金)までに「参加証」をお送りします。

※ 席に空きがあれば当日参加も可能となりますので、応募期間後にさいたま市HPでご確認いただくか、下記問い合わせ先までご連絡ください。

ページトップへ戻る⇧

■20120911【見解】国政政治を憂いた手紙への返答

あるお世話になっている方からFAXが入った。

いつもの内容と異なり、
大きな、そして切迫したことが記されていた。

要約すると以下の通りだった。

相談に来たある女性から、「小さな事件を解決する余裕があるなら、今の国政を変える知恵を出して欲しい」と言われた。常々考えていた財政再建策を野田さんにぶつけることができないか(改革案は省略)。選挙民目当ての目標なきなし崩しの政治、解散が行われるのが一番まずい。既成政党にリーダーシップがないからといって、市民の欲求不満を追い風にして橋下新党が選挙で強い勢力を持つことになるのは、非常に不気味だ。待ったなしの国政の方向はなんとかならないものだろうか…

こんな内容だった。

これに対し、私は以下のような返答をお送りした。
今の私の心中を記しているのでご参照頂きたい。

  ★  ★  ★

○○様

ご無沙汰しています。

以前頂いたFAXについて、
返答とまではいきませんが、
私なりの考えを記します。

まず冒頭に、
お考えに大変共感するところです。

私は、政治の中に席を置く身です。
少し時間をかけてじっくり考えさせていただきました。

野田内閣、自民党ともに、
3党合意などを経て、消費税増税の決定。
もはや引き返すことのできないところまで行ってしまいました。

その後の両党内のゴタゴタは、
もはや祭りの喧嘩より情けない。

現在の状況から見て、
おそらく次の党首が決定されてから
すぐの衆議院選挙は実施されない模様です。
来年の、遅ければ衆参同日選挙も考えられます。

私はこの時間こそ、
日本国民が今後の進路を熟慮する貴重な時期だと思います。
なにせ歴史的な転換の方向性に
大きな影響を与えうる重い一票ですから。

私は○○さんのように寛容ではないので、
野田さんへの期待はもはやありません。

消費税の順序を逸脱した増税の率と時期の決定は、
もはやどの角度から見ても、納得できない点です。

秀征先生の言葉を借りれば、
「国民に痛みをもたらす」決定を
自分たちの痛みや官僚の痛みの前にやってしまった。

肝心の社会保障も後回し。

野田さんは政治生命をかける方向を
間違ったように思います。

消費税増税がやむを得なければ、
正しい順序で国民を説得し、
選挙で堂々と信を問い、進んでいくべきです。

以前のような水面下政治は
もはや成り立たないのです。

国民を信頼しない政治が、
安定するはずはありません。

いずれにしても、
いかに政治が劣化しているか、
思い知らされた次第です。

こうした状況への国政への嘆きの声は、
私の周辺でも数多く聞かれます。

90歳を超えた私の祖母までが!
これまで政治には関心がなかったのに。

もはや誰もが政治の劣化を感じています。

ただこの現象、
冷静に見ると2つの視点から読み解くことができます。

一つは、もちろん政治サイドの劣化。
2大政党はおろか、維新の会も含め、
現職、候補予定者、もう皆が次の選挙の思惑ばかりです。

どうみても、まともではありません。
本気で国政の改革に挑もうという勢力はないのか。

この間の国会議員の、
選挙目当ての「もの欲しげ」な姿勢ほど、
見苦しいものはありません。

この点を回避したいという思いは、
○○さんと同じです。

ただもう一つ。

私はこれがあるから楽観しているのですが、
国民の意識がかなり成熟していること。

成熟している国民に見合った政治が実現していない。

そのギャップが国民与論の嘆きとして
各所で露呈しているのではないでしょうか。

ギリシャ国民とは、
別の内容の嘆きなのかもしれませんが。
(どちらがいいとは申しません)

先日の韓国大統領の一連の挑発に対して、
それに対する多くの国民は冷静でした。
挑発に対し、冷静な大人の対応を支持しました。

定額給付金、子ども手当、それぞれ世論調査では、
必要ないと答える方々が圧倒的に多い。
政府がくれると言っているものを「いらない」という。
こういう抑制的禁欲的な国民も珍しい。

こんな国民が多数を占め存在する以上、
大局的に見れば、日本の国は今後もまっとうな判断の下、
国が進んでいくに違いありません。

問題は、その成熟した国民に見合った
政治勢力が存在していないこと。

維新の会の急激な支持は、
まさに他の主要政党の不甲斐なさとの相関です。

維新の会そのものへの
確信的な期待とは異なるものであり、
これは民主党政権誕生の際の期待と
同じ文脈だと理解しています。

だから早晩、維新の会も同様の状況に陥ることでしょう。

体は成長したのに、
その体に見合った洋服がない、
というのは何とも不幸なこと。

では。

これを打開するための唯一の方法とは。

これは信頼に足る政治勢力を作ることでしか解決しません。
そんな簡単なことではないでしょう。

でもこの王道を通らない限り、
本質は解決せず、維新の会は姿形を変え、
同じように出ては消え、と繰り返されていくでしょう。

私は政治に身を置く立場であり、
現在の不甲斐ない政治の状況は、
私にも責任の一端があると痛感しています。

新たな信頼に足る政治勢力の誕生。
これを責任をもって
やっていかねばならないと自覚しているところです。

そのためにまずは一人の信頼できる政治家を国政に送り出すこと。

今回、私の地元で、長らくの友人が、
意思を固め、国政に挑戦することを表明しました。

また、他の地域でも、
これまで同志的付き合いをしてきた仲間が、
次々に挑戦に名乗りを上げています。

皆、この間、議論を戦わせ、
真剣にこの国の将来を想い、行動してきた仲間たちです。

彼らは皆、徒手空拳です。
挑戦のための費用すら準備するのが大変な中、
自ら名乗りを上げました。

生活上の犠牲を払ってでも政治を変えたい、
という本気さを感じるわけです。

こうした人たちの存在に、
私は黙っていることができません。
要請されなくとも応援に脚を運びたい、
というのが私の率直な気持ちです。

無所属の私は、その都度、自分が日本にとって、
最も好ましいと思われる候補者や政党を応援してきました。

何より真剣に政治家として役割を果たそう、
という志のみ持参し、本気さを伴った人を送り出したいものです。

今回は、その信頼に足る同志たちの応援を通じて、
日本の政治の改革を進めたいと考えています。

そしてそれは、私自身の選挙を戦うつもりで、
自分自身の戦いとして取り組む所存です。

国民一人ひとりが、真剣に選別し、
それに足る候補者が国会に送り出されれば、
きっと日本の今後に好ましい指導者として
新たな時代をリードしていくことでしょう。

繰り返しますが、
私はこの成熟した国民の存在がある以上、
日本の国は悲観する必要はないと考えています。

今、考えるべきは、いかに一日も早く、
その国民が着るにふさわしい服を用意するかということ。

そこに微力ながら、
私の人生の一端を捧げるまで、と考えています。

返答にはなりませんが、
私の現在の秘めたる気持ちを記しました。

今後とも宜しくお願いいたします。

ページトップへ戻る⇧

■20120904【写報】自衛隊化学学校、災害議員連盟視察

さいたま市内に位置する自衛隊化学学校を訪問。
市議会災害議員連盟の企画である。

福島第1原発の水蒸気爆発時にちょうど原子炉の横で作業し、
間一髪大事故をまぬがれた隊員の話は鬼気迫るものだった。

今回の東日本大震災で国民的支持を得た自衛隊。
その命懸けで臨む姿勢に経緯を表したい。

ページトップへ戻る⇧