タグ"田中秀征"の記事

■20110222【応援】田中秀征先生より応援メッセージ

日ごろから示唆をいただいている田中秀征先生より、
応援メッセージをいただきましたので紹介します。











田中秀征
●民権塾塾長
●元経済企画庁長官
●元さきがけ代表代行

民権塾HP
http://www.shuusei.com/

土井裕之君が私の主宰する民権塾に参加してからもう10年以上になる。その間、彼の言動にがっかりさせられたことは一度もなかった。

20代の頃、まだ市議会に出る前から、10年の議員活動を経た現在に至るまで、彼の志、地方政治への姿勢見事なほど一貫している。

それは、議員はまずもって納税者代表であること。そして、税金が無駄なく効率的に使われているかどうか、厳しく監視する使命を持っていること。土井君の政治活動はこの一本の太い筋で貫かれてきた。

彼は既に、個人的にも「仕分け作業」で実績を挙げてきたが、この大きな政治目標のためなら、他の議員や各党とも協力をいとわないし、もちろん市長の建設的な努力にはこだわりなく支援をしてきた。

議会で民主党と会派を組んだり、国政選挙で「みんなの党」を支援したのも、すべて行政改革を一歩でも進めたい一心からだろう。

私が土井君を全面的に信頼する根拠は、浦和、大宮、与野市が合併した際に、彼が市議会議員を辞職したことにある。「税金のムダ使いを無くす」と叫ぶことは誰にでもできる。しかし、自らリスクをとってそれを実践する人はきわめて稀れである。私は、その彼の壮挙を忘れずに、再びさいたま市議会に活躍の場を与えた市民にも心から敬意を表したものである。

国政では、政権交代後一年半を経て、民主党政権への幻想は消え失せてしまった。おそらく土井君は今の民主党に改革を断行できるかどうか疑っていたのだろう。だからこそ、民主党の絶頂期にも「無所属」を貫いたのに違いない。

私はこれからが、納税者代表・土井裕之の本格的な出番だと信じている。

党や組織に遠慮することは何もない。税金の使途について、市民が期待する方向に進めていくこともできる。しかも、10年間の経験で多くのことを学んでいるだろう。

私は、土井君が、全国の他の市議会にも波及するような活動をしてくれることを心から期待している。

ページトップへ戻る⇧

■20100722〈言葉〉「願望が洞察を曇らせる」

その政治姿勢や深い論理的な思考。

1990年代の日本を誘因した
政党「さきがけ」の理論的支柱。

官権から民権への第一人者。

田中秀征先生には、
示唆を与えていただいている。

私の議員人生には、
お手本として、
無くてはならない存在である。

2001年。

さいたま市が誕生した年だ。

私は、2年の浦和市議の任期を務めあげてから、
合併後のさいたま市議への道を踏み出さず、
いったん辞職し、
もう一度、一から政治の道を歩み始めた。

それまでの支持者のほとんどとの決別。

議員としての立場も環境も失った。

決断し踏み出したものの、
次の選挙に当選する足がかりは、
全くと言っていいほど無かった。

この時ほど孤独感を感じたことはない。

そんな時。

秀征先生の、
特に連続4回の落選時の想いに、
想像をはたらかせた。

徒手空拳で無所属での衆議院議員への挑戦。

一度の落選でも
胸をかきむしるほどの
絶望感のもたらされる落選を、
4度も連続で経験されたのだ。

(私も最下位当選の際、胃が切り裂かれる思いだった)

もちろん、お金がふんだんにある挑戦ではない。
スーツすら自分で新調できず、
支持者から贈られたというエピソードがあるほどだ。

最近、この時の気持ちについて、
先生から聞いたのは、
「次に駄目だったら政治家への挑戦を断念した」
という趣旨の言葉であった。

4度目の落選の際には、
どんな想いだったのだろう。

さらに。

その時に、その絶望感を払拭するのに、
どんなことを考え、
そしてどうやって自分を奮い立たせたのだろう。

辞職し、孤独感にさいなまれる中、
私は、ひたすらそんなことに想像をめぐらせた。

果たして自分は
有権者に訴えうる、
確たるものを持っているのか。

自分の考えを、どんなことがあっても
曲げずに貫くことができるだろうか。

それだけの本気度を備えての
挑戦ができるのだろうか…

タイムリミットが近づく中、一歩踏み出した。
そして2003年のさいたま市議選への挑戦に向かった次第である。

どれだけ勇気づけられただろう。

以来、政治家としての壁に突き当たるたびに、
直接・間接に、先生には、
示唆を与えていただいている。

その先生からいただいた数々の言葉の中でも、
次の言葉は、
政治の末席に身を置く自分にとって、
時々思い出し、教訓としている言葉である。

「願望が洞察を曇らせる」

自分の都合のいい思考のまま、
物事が進むと思い込んでしまうことにより、
結果的に判断を誤ってしまう。

政治家の役割とは、
様々なものをはぎ取っていくと、
「決定する」ということ。

その願望に基づく誤った認識は、
間違った決定をもたらす危険性がある。

この言葉を聞き、はっと我に返った。

決定を役割とする政治家に、
最も備えていなければならない心構えである。

常に、曇りのない眼で、
目の前にある物事を素直に直視することが、
何より大切であることを学んだ。

先生の提唱する国づくりの方向に
「質実国家」
というものがあるが、
これについては項を改めて記したい。

ページトップへ戻る⇧

■20091017‐25〈日誌〉市民生活委員会ほか

先日、田中秀征先生と
懇親の機会をもつことができた。

細川政権時代からの政治について、
表には出てこない歴史的な話の数々。

興味深い話を聞かせていただいた。

そんな話の中で、
もっとも心に残っている話。

先生はこんなことを言った。

自民党も民主党も、
かたや定額給付金、
かたや高速道路の無料化に子ども手当など、
選挙向けの政策を打っているが、
世論調査では、
国民は賢明な判断をしている。
(これらの政策の人気は低い)
国民を信頼しているならば、
きちんと説明すればいい。
余計なことはしなくとも、
国民はちゃんと判断をするものだ…

先生は、たびたびこの種のことを言っている。

国民・有権者を信頼すること。

先生からは、
この政治家として
欠かすことのできない姿勢を学んでいる。

ともすれば、
有権者を単なる「票」として見る向きは少なくない。

組織を固める、
呼ばれてもいない会合に頻繁に顔を出す。
アンケート政治と揶揄される
国民への給付を前提とした迎合的な政策。

ある種、次に当選するために、
常道といわれている手法だ。

しかし、もっと自分の考えを率直に語って伝えて、
そして話あっていいのではないか。

有権者は冷静な判断をしている。
この機運は、ますます高まっていくだろう。

民主党を政権に担ぎ出した民意は、
賢明な判断によるものであり、
この流れを加速させていくに違いない。

そして当の民主党も、
自らの行動に間違いが起きると、
この民意から厳しい目で見られることになる。

ところ変わって。

注目していた鎌倉市長選挙。
私は最終日の夕方に足を運んだ。

雨の降る中。

女性候補は「民主党」の色を
前面に打ち出して選挙戦を展開していた。

私の応援していた松尾たかし候補。
無所属である。

マニフェスト一つを掲げ、
飛び鳥を落とす勢いの政党推薦の
女性候補との一騎打ちに出た。

そして、勝利した。

神奈川県の参議院補欠選挙は、
民主党公認候補が勝ったから、
「民主の風」が決して治まっているわけではない。

そんな中で、
松尾候補は政党を向こうに回しての対決に勝利した。

遠くで見ている立場だから、
あくまで印象の範囲でだが、
両者には有権者へのアプローチに根本的な違いがあった。

かたや、追い風の吹く政党の車に乗って、
有権者にアピールし当選を目指す。

実際に参議院選挙とのリンクで、
さらなる追い風が吹いただろう。

かたや、有権者へマニフェストを前面に出し、
それを説明して支持を得ようとする。

参議院選挙は民主党が勝ったのに、
鎌倉市長選は民主推薦候補が敗れた。

この有権者の冷静な判断力。
有権者は鎌倉市の今後を託すのに、
ふさわしい人を選択したのに違いない。

今回の一件は、
政治の世界にいる私に対し、
大切なことを改めて教えてくれた。

   ★   ★   ★

10月17日

●午前〜午後、自宅にて事務作業など
●このまちで暮らす会・総会
●夜、新政治研究会

10月18日

●早朝〜午前、自宅にて事務作業など
●消防フェア(市民生活委員会委員長として参加)
●午後、国際シンポジウム(アグネスチャンほか)
●夜、自宅にて事務作業など

10月19日

●早朝〜午前、自宅にて事務作業など
●さいたま市民との懇談
●午後、葬祭団体関係者との懇談
●夜、明大大学院「大田区への政策提言発表会」
●明大大学院関係者との懇親

10月20日

●早朝〜午前〜午後、自宅にて市民生活委員会準備など
●夜、清水市長就任パーティー

10月21日

●早朝〜午前、自宅にて市民生活委員会準備など
●午後、議会にて市民生活委員会準備など
●夜、田中秀征先生を囲んでの懇親会
●区議との懇親

10月22日

●早朝、自宅にて事務作業など
●午前、、議会にて市民生活委員会準備など
●昼、支持者との懇談
●午後、議会にて市民生活委員会準備
●夜、道場

10月23日

●早朝、自宅にて市民生活委員会準備
●午前、議会にて市民生活委員会準備
●議運理事会
●午後、市民生活委員会
 …盆栽枯死の件(参考人招致)
●夜、さいたま市議の結婚式に出席

10月24日

●早朝〜午前、自宅にて市民生活委員会準備
●午前、議会にて市民生活委員会準備
●明大大学院関係者との打ち合わせ
●午後、明大講演会(危機管理)
●鎌倉市長選挙 陣中見舞い
●夜、区議を囲んでの懇親

10月25日

●早朝〜午前、自宅にて事務作業など
●午後、若田宇宙飛行士機関帰還報告会
●夜、葛飾区区長選・区議選関係者との打ち合わせなど

ページトップへ戻る⇧

▼20090823 <速報>江田憲司候補者の街頭で田中秀征先生演説

4f83c76e.jpg本日夕方、横浜の青葉区等を区域とする選挙区から立候補している江田憲司候補の青葉台駅での街頭演説で田中秀征先生が演説。「声がかけられなくとも、こちらで押しかけてきた」というつかみに始まり、官権政治の打破などについて述べられた。民主候補もいるこの選挙区で孤軍奮闘の江田候補の挑戦を全面的に後押ししていた。

ページトップへ戻る⇧

■20060619〈参加〉民権塾

昨日夜、民権塾に参加。
民権塾は、私が師事する
田中秀征先生が主宰している。

この日は、先日のサッカーにおける選手交代の話から
政治における新しい人間への交代の話。

また、小沢民主党の話やポスト小泉の話。
小泉首相の総括的な話、
福井日銀総裁の採るべき態度の話もあった。
  
     ★

秀征先生の話を聞くと、
いつも背筋がピンとする。
時に、
日ごろの活動で、
内面的に葛藤していること、
答えの見えないことに、
明快な答えをもたらしてくださる。

気持ちを入れ替えて、
6月議会の終盤を全うしたい。

ページトップへ戻る⇧