[保存版] 平成16年度(2004年度)
さいたま市政スケジュール
さいたま市議会・行政の簡単な年間スケジュールです。

行政の運営単位=「年度」…
行政運営は単年度(一年)単位で動きますが、スタートは4月1日になります。
平成16年度の場合、平成16年4月1日〜平成17年3月31日が期間となります。
これを一単位として予算平成を行なったり、決算の審査をしたりします。
平成15
2月議会
岩槻市との合併について
2003年1月、岩槻市は住民投票で「さいたま市と合併」を選択。これを受けて、さいたま・岩槻の両市は、合併特例法の期限内(平成17年3月末)の合併を前提に編入合併の是非を任意協議会等で検討中。「6月議会」では「法定協議会の設置」議案の提出が予想されます。議員それぞれの合併の判断における責任と「市民の意向確認」の実施などが求められています。
決算議会
前年度の決算を審査いたします。課題を次年度の予算編成に反映させることが目的です。
行政改革の柱「事務事業評価表」の活用を!
さいたま市には、国民健康保険、下水道や公園など、現在約1000事業あります。昨年から作成されている「事務事業評価表」には、各事業ごとに公費や職員の人数、事業の目的や効果、今後の事業の見直し点などが明記されています。現在は各区役所に置いてあり、一部がHPに掲載されています。「平成15年度分」は今年の9〜10月に掲示される予定で、早い段階で全事業の公表に着手すると市担当者は言います。当評価表は、あくまで職員の意識改革を実施の柱にすえていますが、市民の立場でもこれを活用し、新しい時代への提案をしてみてはいかがでしょうか。
予算議会
毎年2月に行われる議会は、予算の審議を行う重要な議会。予算の立案は「行政」、決定は「議会」が行うと法で定められています。ただ、最近は、予算の編成過程をHP(ホームページ)などで公開する自治体が増えてきており、さいたま市も「検討していく」とのことです。
平成17年度
予算編成過程








●9月ごろ
事務事業評価表


●10月
予算編成方針

●1月
市長査定

●2月
議会・予算特別委員会



平成15年度
決算過程



●5月
出納閉鎖

●8月ごろ
監査委員

●9月
議会・決算委員会












平成16

6月議会


9月議会


12月議会


2月議会

平成17
6月議会